HDDデータ復旧
奥山電脳工房

データ復旧の奥山電脳工房 携帯サイト

ハードディスク内部

ハードディスク

(HDD)

復旧の常識・非常識

 

windows linux mac

 

<ハードディスクについて>

 

ハードディスクはWindows、Mac、Linuxなどのコンピュータに限らずビデオ、カーナビ、ipod等も基本的に同じ構造です。

これらはすべてプラッターと呼ばれる高速で回転する円盤(プラッター)上で浮上した状態のヘッドが磁気データを読み書きする仕組みです。

 

↓↓

動作時はヘッドはプラッターの高速回転によって生じる空気の圧力ででプラッター上に浮上しており、接触していません。

 

↓↓

その隙間は10nm(ナノメートル)髪の毛の1万分の1程度で、タバコの煙の粒子やインフルエンザウィルスもその隙間に入れません。 

 

web上で”ハードディスクはミクロンの精度で・・・・”等とかかれていることがありますが、その程度のものではなく その千分の一の精度で作られています。

 

 

<ハードディスク中は真空?>

という俗説は嘘です。外部とは高機能なフィルターを通して繋がっており、内部も1気圧あります。(要するにクリーンルーム状態です)

 

ハードディスクは密閉されていません。

 

真空中では動作しません。

 


 

<ハードディスク開封>

 

ハードディスクは通常空間では絶対開封しないでください。

 

開けても何も出来ません。

 

目に見えない浮遊粉塵で汚染され、復旧が困難になります。(作業費が跳ね上がります)

↓↓

プラッターはその精度に合わせた表面処理がしてあり、この状態で通電したりすると表面は傷だらけとなります。(もちろん目には見えないレベルです)

 


 

<HDDの起動/
ファームウェアについて>

 

通常IDEのHDDは電源が入るとHDD自体がリセットされ、基盤上にあるフラッシュROM内のファームウェアの一部を読みに行きます。

 

ここには型番、残りのファームウェアを読み出す為のサーボ情報、トラック・、セクタ情報、ゾーン情報、固有のヘッド情報等が書き込まれており、これを基にトラック0領域から残りのファームウェアを読み出し、HDDとして起動します。

 

この状態で初めてBIOSから認識されます。

↓↓

この後MBRを読み出し、OS(パソコン)自身が起動します。

 


 

<HDDの基盤交換ついて>

 

最近のHDDは基盤交換では復旧できません。

↓↓

理由;最近のHDDは同一機種であっても、ロット毎にファームウェアが異なるからです。

 


 

<ファームウェアが異なる理由>

 

HDDを製造する場合、メーカーは

 

1.ロット分の部材(ヘッド、プラッター他)を調達します。

その時点で 一番入手しやすい(安い)パーツを使います。

従って、ロット毎にパーツが異なるケースが多くなります。

 

2.集めた部材に合わせて最適になるようファームウェアを書き換えます。

そのため、ロット毎にファームウェアが異なります。

 

3.基盤を交換するとROM内のファームウェアとトラック0上のファームウェアが不整合を起こし、HDDとして起動しません。

 

これが基盤交換で修復できない理由です。

 


 

<余談>

同じメーカーの同じ型番、同じ部材を使ってもファームウェアが異なる場合があります。

たとえば、PC用とHDDレコーダー用ではファームウェアが異なります。

 

データが読めなかった場合、PC用は入念にリトライを繰り返しますが、HDDレコーダー用は画像の欠落を防ぐためエラー補正機能を当てにしてそのセクターを読み飛ばします。

 

これもファームウェアの違いに依ります。

 

奥山電脳工房 データ復旧の日々 ブログ
最新の情報、トピックはブログをご覧ください。

 

お問い合せ   無料


アドバイス   無料


初期調査費用 無料

 

申し込みフォーム
問い合わせ
、申し込み
フォーム

 

年中無休

10:00〜21:00
緊急時は時間外でもOK

 

電話
053-542-1919

softbankの方は
090-7952-5267
(時間外もOK)

 

e-mail
info@den-now.com

 


 

データ復旧
TOPページ

 

1.HDDの常識・非常識

 

2.Windows(HDD全般)

 

3.Mac(マック全般)

 

4.NAS (Linkstation、Landisk、RAID等)

 

5.USBメモリー(デジカメ、CF、SD)

 

 

 

パソコンからご覧の方はこちらのHDD復旧サイトへ