ハードディスク データ復旧 奥山電脳工房(おくやまでんのうこうぼう) 浜松/静岡k
Macデータ復旧お任せください 電話相談・アドバイス・初期診断無料 奥山電脳工房
ホームページの運営(アクセス数を稼ぐ)

Googleによると世界の総ホームページ数は約1兆。日本がその2%としても2,000万ページ。

その中から自社の(自分の)ホームページを見てもらうのは並大抵のことではありません。

情報発信するにせよ、通販にせよ、まずアクセスされなければなんにもなりません。

ここでは実際にアクセス数を稼ぐための、基本的かつ具体的な方法について考えてみたいと思います。


基本

なにを見る側が望んでいるか(どんな情報を望んでいるか)を考える。( *見せたい情報と一致しないことが多い)

 例えば、企業の場合、社長の挨拶があり、経営理念があり、会社の沿革  というのが、よくあるパターン

社長あいさつを見たい人がいるでしょうか!

お客様が得をする情報(求めている情報)がそのページに無ければ誰も見てくれませ

自分がネットで検索するとき 何を求めているのか よく考えてみてください。=>それがお客様の求めているものです。


開設時

1.独自ドメインを取りましょう(今や常識です)

ホームページの信頼性を保つためにも、検索で優位に立つためにも最低これが必要です。
独自ドメインを持つことで発生するコストは年間数千円程度です。
”さくらインターネット”や”お名前.COM”で調べてみましょう。

2.Yahoo!、Google等検索サイトに登録する。

 現在 ホームページを訪れる方の80%以上は検索エンジンからだと言われています。

 現在Yhaooも検索エンジンはgoogleを使っています。

3.YAHOOのカテゴリーに登録?

過去には有効といわれていましたが現在はどうでしょう?
また登録するためには¥50,000円を払ってビジネスエキスプレスを利用するしかないようです。
※業種 によっては¥150,000円必要な場合もあります。(例.健康食品、健康用品、エステ等)

4.知り合いを総動員して相互リンクを張りましょう。これはSEO対策上も非常に有効です。

5.出来ればホームページ以外にブログ、tweeter、facebook等で情報をこまめに発信すると同時に これらからHPへリンクを張る。

スタートしてから 

1.毎日自分のホームページをチェックする。(手を入れる)

  TOPページにアクセスしたとき何か変わったなと思わせることが重要。
※検索サイト(google、Yahoo等)はロボット(ボット)というプログラムをWeb上を常に巡回させています。

2.e-mailが帰ってきたら、かならず返事を出す。

3.返ってきた意見をよく分析し必要であればホームページに反映する。

4.各ページごとにアクセスログ管理をしましょう

5.検索サイトを確認し、自分のページが出てくる順番が下がっているようなら、内容を修正し、再登録する

   (順番を上げる工夫をする=SEO)
   ※少なくとも検索結果の2,3ページまでにでなければ見てもらえません。


時々(少なくとも年に1度は)

1.表紙のイメージを変える。


2.思い切って内容を整理する。


3.新しい、内容のページをスタートさせる。


これらは、そのホームページが”生きている”(=情報が新しい)、という印象を与えるために必要で、”死んでいるページ”はどんなに有名なページであっても、アクセス数が下がってきます。


奥山電脳工房 データ復旧の日々 ブログホームページに書ききれない最新の情報はブログをご覧ください。

HDデータ復旧・データリカバリーの奥山電脳ホームページへ