データ復旧問い合わせ
電話相談・アドバイス・初期診断無料 奥山電脳工房
基 本 運 営 製作管理 製 作
検索サイトについて  写真撮影   ソフト/ハード

検索エンジンでで上位に表示される為に その2

SEOの基本
ロボット検索(google)で上位に表示されるためには(SEOの基本 キーワードとは)

具体的にどうすればロボット検索で上位に表示されるのでしょうか?
(表示順位のことをWebポジションといいます=その対策がSEOです)

ここから先はタグ等HTMLの知識が多少なりとも必要です。


まずダメな例から見てみましょう

一番ダメな例=絶対に検索ロボット(webロボット)に見つけてもらえない例

ページがすべて画像で作られていてタイトルも  ALT= にもなにも代替えの文字が入っていない。

=>検索ロボットは、文字や単語を探します。ですからホームページが文字で書かれていないと全く見つける事が出来ません。

上の例はさすがに極端ですが、未だにこんなページたまに見かけます。


非常に見つけにくい例

TOPページがFlashで出来ていて派手に動くページ

見た目は良いのですがこんなページもほとんど文字が入っていません。
(見る方も2回目からは腹が立ちます)
ここで言う文字は画像やFlash上の文字ではなく通常ワープロで扱うような種類の文字のことです(キャラクタといいます)。

また 検索ロボットはページからページへリンクを伝ってやってくるため、デザインに凝ってjava(Web上でよく使われる言語の一つ)や先ほどのFlash画像などを使ってリンクを張られたページには検索ロボットはうまくたどり着けません。

今までいろいろなホームページを見てきた経験から言いますと一般的にデザインがきれいで派手なサイトは、検索ロボットが見つけにくいページが多いようです。

インターネット、Web自体やロボット検索に関する十分な知識を持っているWebデザイナーは決してそんなデザインをしなません。

また、本来ホームページが情報を伝える為には、言葉できちんと説明する必要があるからです。
*検索エンジンもページを見る人も必要なのは情報(中身)です。


フレームを使ったページ

フレームを使ってページを分割し、左にメニューを置いて、そこをクリックすると右側のスペースにそれぞれのページが表示される様なページはよく見かけられます。
左の部分は共通で使えますので効率良く、またわかりやすいページが作れるので今まで多用されてきました。

しかし、 メインフレームはそのソースを見るとわかりますが、そのホームページの文字情報を ほとんど含んでいません。
ということは、検索エンジンには何も情報がかかれていないページに見えますし、検索エンジンはそこからリンクをたどることも出来ません。

*ここでは触れませんがフレームには 他にも多くの問題を含んでいますので使用することはあまりおすすめできません。


人に見てもらう前に検索エンジンに見つけてもらおう

勘違いキーワード

先ほどから述べてきたホームページ作り方とは少し違いますが、検索について勘違いをしている人もたくさんいます。

事例1  伊豆で干物や海産物を販売している海山商店(仮名)

  目的;店売りだけでは先細りなので干物を全国(静岡全県)に拡販したい

さてホームページができあがりました。ご主人の海山太郎さんは一通りの知識を持っていたので、早速検索サイトに登録しようとしました。

1. Yahooのカテゴリー登録を申請しましたが。待っていましたが3ヶ月たっても登録されません。
(いくら“海山商店”といれても出てきません)

2. 仕方なく「そうだ確かGoogleというのが有ったはずだ、そういえばyahooの中にもなんだかそんな事が書いてあったようだ」
ということで、GoogleのホームページからURLを登録

3. 2週間後Googleに“海山商店”といれたらお店のホームページが無事表示されました。

4. めでたしめでたし


 さて、ここで少し考えて見ましょう。

海山商店がホームページを作った目的は日本中、少なくとも静岡県全県に拡販したいと思ったからでした。要するに日本中の干物を買いたい人に自店のサイトを見てもらって干物を買ってほしいわけです。

で、今仮に青梅市の鈴木さん(仮名)、
干物が食べたくなりました。夏に沼津に行った時買ってきた干物が美味しかった事を思い出しました。

で、インターネットで検索します。

さて、鈴木さんはどんな言葉で検索するでしょう?

おそらく“干物”というキーワードで検索するでしょう。一回行ったことが有れば “沼津”あるいは“伊豆”というキーワードも併せて検索するかも知れません。

鈴木さんに海山商店を見つけてもらうためには、“干物” “沼津”あるいは“伊豆”というキーワードがホームページに埋め込まれており、さらにそのキーワードで検索できなければ意味がないのです。

どう考えても “海山商店”で検索してくれるとは考えられません。

そうなのです、お客様がどういうキーワードで検索してくれるか?

お客さんの立場でよく考えて、ページに埋め込む。あるいはそれを十分意識してその言葉(キーワード)を使ったホームページを作る必要があるのです。

このページはリンクフリーです

SEO(サーチエンジンオプティマイジング)の実践(上位に表示される為に)へ

   データ復旧・ホームページ(SEO)・奥山電脳ホームページへ